車買取の成功の秘訣は買取相場表を上手に使えるかどうか!

menu

車買取は車買取相場表を上手く活用じゃ【クルマじじい】

車を売る際に必要な書類

車を売る際に必要な書類

車を売る際に必要な書類はどういったものがあるのでしょうか。車検証や自賠責保険証といった基本的なものはわかっても、全て把握している人はなかなかいないと思います。

また、実際にお店に行って、いざ車査定 買取に出すというときに書類を忘れてしまったのでは取りに戻って探すのが面倒です。そこで今回は車査定 買取の際に必要になる書類について説明させていただきます。

まず前述した通り、1つめは「車検証」です。正式には自動車検査証といいますね。国交省で定められた車検に通った際に交付してもらえる書類のことです。公道を走る際、携帯が義務づけられていますので車のダッシュボードの中に入れてるという方も多いでしょう。また、車を一時的に使用しないための廃車手続きを行っている場合は車検証の代わりに一時抹消登録証明書というものが必要になります。

2つめは「自賠責保険証明書」これも買取に限らず車で公道を走る場合は必ず必要になるものですね。

自動車税納税証明書」自動車を払ったときにもらえる控えのことです。軽自動車の場合は「軽自動車納税証明書」といいます。

4つめは「印鑑」です。必ず車所有者の実印が必要になります。

5つめは印鑑証明書1通(車所有者のもので、発行後1か月以内のもの)4つめと合わせてこれらは譲渡証明書という書類に捺印(なついん)するために必要になるものです。この譲渡証明書は車の買取を行う業者が発行してくれますのでご自分で用意される必要はありません。

6つめはリサイクル券、これは車を購入した際にリサイクル料金を支払うと発行されるものです。「預託証明書」や「使用時自動車証明書」ともいいいます。ナンバー取得や車検の際に必要になる書類です。

以上6つの書類が必要になりますので、あらかじめご用意のうえ、車査定 買取に出かけるようにしましょう。

 

関連記事