車買取の成功の秘訣は買取相場表を上手に使えるかどうか!

menu

車買取は車買取相場表を上手く活用じゃ【クルマじじい】

モコ

モコ

clipimage_08

車を保持する上で、燃費や維持費などははずすことの出来ない問題です。メーカーはこれに対応するべく、新たな技術を開発したり改良をくわえてきました。

そして到来したのが軽自動車ブームです。しかし当時、日産にはこれの発売チャンネルがありませんでした。そこで、時の社長カルロス・ゴーンはスズキとOEM供給の関係を結んだのです。

これにより生み出されたのがモコでした。
現在は3代目まで生産されています。また、三菱自動車と協力した「クリッパー」なども発売しています。

モコ記事一覧

3代目へ

2011年、日産初の軽自動車であるモコは3代目へとフルモデルチェンジしました。先代と変わった点は、まずそのデザインにあります。シャープさはそのままに、どこかかわいらしいイメージを持たせるものなりました。それから専用の限定カラーをラインナップにくわえるなど、姉妹車であるMRワゴンとの区別化をはかっています。また、エンジンも変更されています。ボディは材質を変えて軽量化をほどこした結果、排出ガスの基準で…

軽自動車に本格参入

日産はこれまでにも、「ハイパーミニ」と呼ばれる電気エネルギーで走る軽自動車を、実験的に発売していました。しかしほかのメーカーに対向するために新しく開発して、このジャンルに本格参入することにしました。そうして生まれたのがモコです。2002年に初代は、スズキのノウハウ提供を受けMRワゴンと、OEM供給の関係を結び発売されました。自然吸気とインタークーラー付きターボの2種類がエンジンのラインナップにあり…

モデルチェンジ

日産自動車初の軽という認識があるモコは、2006年に2代目へとモデルチェンジしました。姉妹車であるMRワゴンにすこし遅れる形でのデビューとなり、りりしく、そしてシャープなデザインで区別化をはかっています。リア周りは共通ですが、フロントはヘッドライトをはじめ、バンパー、グリル、ボンネットのすべてをオリジナルに変更しています。これは同社から発売されている「マーチ」や「ノート」と、揃ったイメージにしたい…

ハイパーミニ

日産の軽自動車第1号として発売されたのがモコです。時代のうつり変わりとともにコンパクトカーだけではなく、それまで着手していなかったこのジャンルの開発を迫られるようになったのです。しかし実は以前に、実験的につくってみたことがありました。それが「ハイパーミニ」でした。これは電気自動車で、トップスピードは100キロ程度におさえられています。しかし名前どおりのすごく小さなボディを活かした小回り性能と、その…

時代の流れで変化するニーズ

スカイラインやフェアレディZなどで有名な日産は、マーチなどのコンパクトカーの生産の経験はありましたが、つい最近まで軽自動車を開発したことがありませんでした。そこで、外国人のカルロス・ゴーンは経営者になると、ラインナップにくわえることを発表したのです。以前にも実験的に、この規格に当てはまるサイズの電気自動車を製作していました。しかし前述のとおり、そのノウハウは無かったのです。そこでスズキとOEM供給…

スズキとの関係

モコは実質、日産初の軽自動車として発売されました。このジャンルに対してダイハツと双璧を成し、高いノウハウを持っているスズキとOEM供給の関係を結び開発にあたりました。同社の「MRワゴン」とは姉妹車になっています。基本的に、この二つに性能の違いはありません。ただ衣装などの問題で、外装を変更しているのが大きなポイントです。プリメーラやウィングロードなどからヒントを得て、初代のモコもそうしたフロントのデ…

日産初の軽自動車

それまで日産は、軽自動車と言うジャンルにチャレンジしていませんでした。しかし、世の中のニーズの変化を受けて、開発・販売することを決めました。まずは実験段階として電気自動車の「ハイパーミニ」を制作しました。それからカルロス・ゴーンの指示のもと、スズキのノウハウを詰め込んだモコが発売されたのです。「アクティブなママのベストパートナー」をコンセプトに掲げ、女性ユーザーを中心に見据えています。これと同時に…

コンセプト

「ヤングなママが子供とどこへ行っても、一緒に居ることのできるベストパートナー」と言うコンセプトのもとで開発されたのが、モコです。スズキのノウハウを借りて製作された、日産はじめての軽自動車として有名です。初代は2002年に発売し、バリエーションこそ姉妹車のMRワゴンには負けていましたが、エクステリアでの人気や販売網が決め手となり、売り上げで勝る結果となりました。2006年には2代目へとバトンタッチし…

軽トールワゴン

軽トールワゴンと言うジャンルに分類されているのがモコです。日産で、市販を前提に作られた軽自動車はこれがはじめてとなります。以前に規格に当てはまるサイズで、電気自動車である「ハイパーミニ」が製造されました。200台ぐらい生産していたのですが、あくまで開発実験用の車種として位置づけられています。モコは、大手メーカーのスズキの、MRワゴンとOEM供給の関係にあります。この二つの車は、機能的に大きな違いが…

関連記事